man

同時発生する腹痛と吐き気

内臓での急な異常の1例

man

病気には特定の1個所にだけ異常を起こすタイプ以外にも、複数の個所で異常が起きるタイプも挙げられます。腸閉塞もそうした複数の自覚症状が特徴的なタイプの1例として知られています。腸閉塞は腸自体がねじれる捻転と呼ばれる現象の他、腸管を挟んだ腸の内外で起きた異常によって、腸が不自然な塞がり方や詰まり方をする様な形状となる病気を指しています。壁を挟んだ外部からの要因としては、開腹手術による影響やヘルニアの存在といったものが挙げられます。開腹手術を行った後は癒着と呼ばれる、手術個所近辺の組織同士がくっ付きやすくなる現象が起こります。その影響が腸にも及ぶと、腸が不自然な形に引っ張られて曲がりやすくなり、腸閉塞を起こしやすいとされます。またヘルニアのあるくぼみ部分に腸がはまり込むと、その個所で閉塞が起こりやすいともされています。

早期受診の重要性

一方、腸管の内部からの影響としては、内部にできたガン細胞によって閉塞を起こしたり、排せつ物が不自然な詰まり方をして起きたりするケースが挙げられます。腸閉塞の症状としては、吐き気を伴う腹痛を起こす、というモノが主とされています。まず腹痛では、腸閉塞によって部分的に栓をされた様な状態となるため、腸の内部の圧力が異常に上がります。すると腸が膨張し、腹部の激しい張りの様な痛みが急に現れます。そしてその痛みが、時折治まってまた出る、と繰り返される事になるとされます。また腸閉塞となった結果、消化物が逆流する様になり、吐き気やおう吐に繋がる事となります。こうした腸閉塞では、吐き気を伴う急な腹痛を感じた時点で、早めの外科受診が無難とされます。閉塞はしばらく様子見すれば回復や完治するというモノでは無く、ガンを含めた他の病気が隠れている確率も含まれるためです。