man

外科手術後の内臓への対処

手術後の異常とその対策

man

腸閉塞とは何らかの原因で腸が不自然な曲がり方や狭まり方をした結果、起きるとされています。腸管内部を通る消化物が詰まりやすくなったり、腸内圧力の変化によって膨張している様な突発的に激しい痛みを覚えたりする症状が主とされます。加えて腹痛に吐き気を伴う場合が多いとされる特徴も挙げられます。こうした腸閉塞は幾つかの原因が挙げられますが、一般的には開腹手術を行った後の回復過程で、腸同士の癒着が起こりやすくなった結果生じるケースが多いとされます。そして病気自体の予防法は無いとされる点も厄介な病気です。そのため現在では対策開発への工夫がなされ、保存療法や外科的手術の他、高気圧酸素を使った療法確立への注目がされていると言われています。

開発中の方法の主な特徴

高気圧酸素療法による腸閉塞の治療では、特殊な装置の中で計1時間半程度過ごし、その間は2気圧強の酸素を使った空気内での生活をするという内容で行われるとされます。装置内であれば通常の生活同様の動作をしても良いとされ、他の特別な疾病を抱えていない人であれば、年齢を問わず受ける事が可能とされています。高気圧酸素による加圧を行った結果、腸管内の容積の改善が見込まれる他、腸閉塞によって低酸素状態に陥った腸の細胞群に酸素が供給され、腸の活動が回復する効果があるとされています。現在ではこの治療法を行える施設を抱えた病院は数が限られるとされる点と、腸閉塞が再発する確率が残るとされる点は問題点とされています。一方で一時的な保存療法としては8割を超える有効性があるとされており、腸閉塞完治に向けた治療法の一環としての活用が期待されていると言われています。