man

腸の異変を感じたら

原因と症状

先生

今回は腸閉塞について説明していきます。腸閉塞には2種類の原因が考えられます。一つ目は開腹手術をしたということ、二つ目は大腸ガンや重度の胃潰瘍などにかかったということです。体内の癒着が進行してしまうことで腸閉塞を引き起こしてしまいます。症状としては、突発的な腹痛や発熱、脱水症状、尿量の減少などがあります。腸閉塞にかかって最初に出てくる症状は刺されたようなお腹の痛みです。これらの症状が出てきた場合は、すぐ病院に行って診察してもらうようにしましょう。腸閉塞は自然に治るものではありませんので、少しでも異変を感じたら疑いを持つようにしましょう。疑いを持つことで早期発見の可能性も上がり、早期回復につながっていきます。

治療法と予防

治療法は大きく分けて2種類あります。鼻から吸引チューブを入れる方法と回復手術の2種類です。これは症状や進行状況によって変わってくるので医師の判断に従ってください。一度開腹手術をしたことがある人は、その部分を避けて手術をすることになります。治療後は腸閉塞が完全に治るまでは、食べたり飲んだりすることはできません。数日は点滴で栄養を補給します。徐々に流動食から食べられるようになります。一般的に約2週間ほどで退院できるので、物が食べられるようになるまでにはそんなに時間はかからないので安心してください。腸閉塞の予防法ですが、食事の量をコントロールすることが大切です。ガスが出にくくなったり、お腹がはったりする症状が出てきたら、食事の量を減らしたりとコントロールしてください。