man

腸の異変を感じたら

先生

腸閉塞の原因や症状、治療法や予防法について知ることは大切です。主に開腹手術を経験した方に起こる病気です。開腹手術をした方はお腹に少しでも異変を感じたら病院に行って診察してもらってください。早期発見をして早期回復を目指しましょう。

外科手術後の内臓への対処

man

開腹手術の後に起こる確率がある腸閉塞は、根本的な予防は難しいとされる厄介な病気である。そこで現在では高気圧酸素療法と呼ばれる、高気圧の酸素を含む空気の中で生活する療法に注目されている。高気圧酸素では腸閉塞によって起きた異常を回復する事が可能とされ、保存療法の一環としての活用が期待される。

同時発生する腹痛と吐き気

man

吐き気と腹痛を同時に起こす事が多いとされる腸閉塞では、主に開腹手術やヘルニアなどの腸外部による要因と、内臓のガンや排せつ物など腸内部による要因とに分かれる。いずれの場合でも腸閉塞が自然に治る事は無いとされ、また他の異常を含む確率もあるため、早めの外科受診が勧められている。

腸が詰まってしまう病気

腸の活動が滞ってしまうことで、酷い便秘状態になってしまいます。腸閉塞を解消するためにも乳酸菌を利用することが大切です。

死を招く可能性がある病気

先生

腸閉塞は、腸の内容物が肛門へ通過しなくなってしまう病気です。食べ物や腸の消化液が排出されずに、腸で長く留まるようになります。そのため、体にとってとても不健康といえます。腸閉塞の症状の一番の特徴は、突発的に腹痛が襲ってくることです。その痛みは、刺すようにとても痛いと言われています。また、腸の中に食べ物、消化液、ガスなどがたまるので、腸が膨らむという症状も起きます。特に痩せた人の場合、腸が動くのが外から見えてしまいます。その他の症状は、腸内に大量の水分が溜まるので、脱水症状、発熱、血圧低下などが起こります。ひどい症状になると、命に危険をもたらす可能性もあります。そのため、異変に気づいたら、早期に治療を受けることが大事です。

予防のための方法

腸閉塞を未然に防ぐには、特に毎日の食生活に気をつけることが大事です。たとえば、食物繊維を多く含む海草、きのこ、ごぼうなどを適度に取ると良いです。毎日の献立で、肉、野菜、果物、豆腐などバランスの良い食生活を心がける事が大事です。その他の食事の注意点は、体を冷やしてしまう食べ物は控えることです。冷たい食べ物は、胃・腸の消化機能、蠕動機能を衰えさせてしまうからです。たとえば、アイスやカキ氷、生野菜などです。もしも冷たいものを食べる場合は、温かい飲み物と摂ると良いです。また、腸閉塞を未然に防ぐためには、運動を行うのが有効だといわれています。というのも、あまり体を動かさないと、消化器官が働かなくなるからです。なので、ウォーキングなど少しでも体を動かすと良いです。